犬と信頼関係築く4つのルール

僕が常日頃から、犬を迎えたら絶対に教えた方がいいと思っていることがあります
それは以下の4項目です。
この4項目をしっかり愛犬に伝え共有することで信頼関係を築くことが出来ます。

1 クレートトレーニング(ハウストレーニング)

愛犬が1人で落ち着いていられる空間を用意することはとても大事なことです。
犬は常に沢山の刺激にさらされています。
平気なように思えても、精神的負担は少なくありません。

犬は人間のように、意識的に心を落ち着かせることは出来ません。
だからこそ、クレートに馴らしその中で心落ち着かせていられるようにしてあげましょう!

クレートトレーニング

2 犬との遊び(主におもちゃを使用しての遊びを推奨)

犬は一緒に遊んでくれる人が大好きです。
特に遊び好きな子にとってはこれ以上ないご褒美になります。

上手に遊んであげることができれば、犬はあなたから呼ばれれば嬉しくてすっ飛んで来るようになります。
なぜなら、あなたが愛犬にとってのご褒美の一部になるからです。
おやつを持っているか否かでなく、あなたがそこにいるから愛犬が喜んで戻ってくるんです。
この子は一人で遊ぶのが好きだからと言って、いつもおもちゃを与えっぱなしにしていませんか?
おもちゃに夢中で、愛犬の心が離れっていってるかもしれませんよ。

3 待つこと(フセの姿勢で落ち着いて待つ)

犬はじっとしていることが苦手です。
小学生の低学年の活発な子と同じで、集中力がなく常に何か楽しいことを探しています。

「しょうがないよね」と諦めている方多いと思います。
待つ事を教えるって意外に難しいんですよね、でも待っている意味を明確にしてあげれば犬は喜んで待っているものです。
待っていれば、その先には必ず楽しいことがあると理解した子は、落ち着いて待てる子に育ちます。
あなたを信頼し、じっと待っている愛犬を想像してみてください。
そんな素敵な関係を築いてほしいなと思います。

是非チャレンジしてみてください!

伏せで待機1

4 愛犬とルールを作りお互いに守ると約束すること

犬はルーティーン(習慣)を好む生き物です。
犬とのルールを明確にし、貫くことができる飼い主を犬は信頼します。

「何が正しくて」、「何がいけないのか」、シンプルなルールを分かりやすく犬に伝えていきます。
良い行動に対してはとことん褒める、悪い行動に対しては『イケナイ』と主張する事、忘れてはいけない事だと思います。トレーニングは1日にして成らず、毎日こつこつ続けるからこそ愛犬の信頼を得ることが出来るんです。
ルールは少なくて大丈夫、多くすると自分自身の首をしめることになってしまいますし、愛犬も息苦しくなってしまいますよね。決めたルールをお互いに共有して守っていくことで信頼関係が生まれます。

簡単なルールでいいですので是非実行してくださいね。どんなルールを作ったらいいか分らない方は喜んでアドバイスいたします!

まずはお問い合わせください。