魚心あれば水心、犬の信頼を得る3つのポイント

愛犬の信頼を得る接し方

魚心あれば水心、犬と信頼関係を築く第一歩は犬の気持ちに寄り添うことです。

この人自分のこと良くわかってくれてるな信頼できるなと思わせることが大事です。
犬の信頼を得てからがしつけのスタートです。
しつけとは人間社会のルールを愛犬に教えて関係性を築く大事なことです。しかし、そもそも犬は信頼していない人の言う事はききません、まずは犬からの信頼を勝ち取り良い関係を築いていきましょう。

以下の方法を実践して継続すれば愛犬が見違えるように変わってきますよ。

  1. 愛犬を心から褒めてあげてください。犬が喜ぶことしてあげてください。
    犬はあなたの表情、態度を見ています。上辺だけの褒め言葉だけでは伝わりません。犬(動物)だからこそ分かりやすく態度で示さないといけません。
    本気で褒めてあげているからこそ、そのしぐさが愛犬に喜びとなって伝わります。
    横にいるだけでも褒めてあげてください。常に体を触って褒めてあげてください。思い切り遊んであげてください。
  2. 飼主さんと犬とのルールや方針を明確にする
    愛犬にどう育ってほしいのか、その為にはどんなルールが必要なのかを常に考えて決めていきます。
    ルールを明確にすることでぶれずに一貫性を持って犬に接する事が出来るようになります。
  3. 一貫性を持って愛犬に接する
    1)でルールや方針が決まったらそのしつけのルールを愛犬に教えていきます。
    一貫性を持って犬と向き合える飼い主を犬は信頼してくれます。